グレ教員の日々の感想

しがない一教員(やる気は平均)が日々の思いを忘れないように書くブログ。子育て、学校、読んだ本とか。

【学校】若手教員が早朝に雑用をするのは当たり前か?

記事の要旨

本校では1年目の教員が早朝に雑用をすることが慣例となっている。今年度、今の勤務校に赴任した私の一番の違和感もこの慣例である。それについて思うところをつらつら。

本校の1年目教員の朝の仕事

私の勤務校では1年目(新規採用・講師)が数名いるのですが、その方たちが毎朝、雑用の仕事をする、というのが慣例になっています。雑用の内容は主に以下の2つ。

 

1.校内の施設の鍵開け。

子どもたちが登校する前に、子ども・職員が使う場所(体育館とか、棟の渡り廊下の鍵とか)の鍵開けをしておく。

2.ゴミ捨て

60~70近くある先生たちのデスクをひとつひとつ回り、個人用ゴミ箱からゴミを集めて回る。

 

なんだたったそれだけかよ、と思ったかもしれません。ただ、それをやる時間帯が問題なんですよね、

その時刻なんと朝の630集合、開始。毎朝ですよ、毎朝。このために1年目の先生が学校でほぼ学校で1番早くに出勤しています。

 

 

1年めの先生はめちゃくちゃ大変

さて、(どんな職でもそうなのでしょうが)初めて学校現場に入る若者にとって一年目の教員はめちゃくちゃ大変です。

事務作業、授業準備、保護者対応、その他もろもろが初めてのこと。仕事の処理が遅くて効率も悪く、慣れている先生の1.5倍~2倍くらいの時間かかってしまうのは当たり前です。

さらに加えて新規採用の先生には「初任者研修(自治体で呼び方違うかも」と呼ばれ、通常業務に加えて研修の義務があります。必要に応じて、指導案を書いたり研修レポートを提出したりと、1秒も暇な時間はないと言っていいでしょう。

 

 

若手の時間をより奪ってどうする?

確かに、若手がやっている作業自体は15分そこらで終わること。でも、「若手がやる」意味はまったくないものです(というかゴミ捨てとか自分でやれ)。それを「毎朝」「半強制的に」やらせることは違うと思います。若手にとっては何の学びにもならないですし。その時間にあるんだったら、授業に使う教材研究のひとつでもやったら?と私は思います。

 

 

朝雑用の一番の負担は「毎朝」「必ず」というところ

 

休めない、んです。1日たりとも。前日に成績処理で22時まで学校にいようが、あるいは準備がある程度落ち着いて「(若手以外の教員なら)今日はゆっくり出勤しても大丈夫」なんて日も、どんなことがあろうが朝6:30には出勤していなければなりません。それが若手にとっては超絶負担。

 

こういう慣習がまた、教職の魅力を下げる

ゴミ捨てだろうが、鍵開けだろうが、それが「学校にとって必要な仕事」なら当番制にすべきではないか。若手に押し付けるなんて、教員という職の魅力を下げる行為だと思っています。

そんな文句を言っておきながら、現勤務校1年目の私は何も声を挙げられずにいます。ホントにチキンです。情けない。本校に赴任して4ヶ月が経とうとしていますが、まだまだまともに話したことのない職員のほうが多く、声を上げるにはかなりの勇気がいる状況です。(そして、今の私が声を上げても何も変わらないでしょう)

 

若手を手伝い始めた

最近、私は若手が出勤する時刻に合わせ、以前よりも少し早く出勤するようにしています(もともと朝型なので新採の頃からAM6:40くらいには出勤していました)。そして、若手が朝の雑用を始めたらさりげなく手伝うようにしています。理由はもちろん若手の負担を減らすため。勿論こんなことで若手の負担が大きく変わることはないですが(先述の通り、一番の負担は「毎朝」「必ず」というところのため)、できることを少しでも、、、という気持ちから。申し訳ない、私に力があれば。

また、デスクの個人用のゴミ箱を撤去しました。若手がやるごみ回収の負担を少しでも減らせれば、ということで。いや、ほとんど負担軽減にはなってないのはわかっていますよ、気持ちばかりです、ホント。

 

来年度はどうにかこの慣例をなくすよう提言したい。

若手に雑用がしていること「かわいそう」「おかしい」と思っている人っていっぱいいると思うんですよね。おそらく放置しているのは「自分がやりたくない」ということと、「『自分がやりたくない』とみんなが思っている」と思っているから。

「当番制にしよう」なんて言って周りの職員から白い目で見られることでしょう。職員室の雰囲気は大事、ということで、どうにか円滑に、若手に押し付ける状況をなくせないか考え中です。

 

まとめ

・教員1年目に雑用を押し付けるのはおかしい

・今は若手を手伝いつつ、来年度に改善の提言をめざし準備中。

イチ教員が「なぜ最近の若者は突然辞めるのか」を読んだ感想

本の概要

 

ツナグ働き方研究所所長 平賀充記 著

 

・優秀な部下ほど急に辞めてしまう

・若者に仕事が頼みづらい

パワハラが気になって指導がしにくい

 

など、会社における「若者」の扱いに悩みを抱えている「オトナ」世代に向けた著書。

若者世代の性質をその時代の社会環境から考察し、オトナ世代の性質と異なる点を分析。その上で、オトナ世代に対してのアドバイスを詰め込んだ本。

本との出会い

本屋うろうろしてたらタイトルに惹かれて手にとった1冊。

2歳の息子を連れていた(子どもに必要な荷物多い)ので、子どもが昼寝したすきに電子版を購入。起きるまでスマホで読んでいました。

難解な表現もなくみやすくまとまっていてスマホでもスラスラ読みやすい本でした。

 本の要旨

「若者」と「オトナ」は全く考え方の基礎が違う。若者とオトナ世代は「違う感覚で生きている」ことを理解することが重要。

と、いうことを説いていると思います。SNSなど若者の周囲を取り巻く環境から考察することで説得力がある説明となっています。

 

ちょっとわかりにくいので、著書中の「若者」と「オトナ」のやりとりの一部を略して抜粋いたします。

 

クライアントからの依頼変更を部下がメールで上司に伝えたやりとり。

上司(オトナ)「メールで送るだけじゃなくて一声かけてよ。もしメール気づかず埋もれちゃってたらどうするの?」

部下(若者)「(メールのあと一声かけろ、ってメールの意味ないじゃん。報告のタイミングも合わせなきゃいけないし。メールを見落とす前提とかじぶんに能力がないって言っているようなもんじゃん」

本の感想

一言でいうと、「若者」と「オトナ」どっちもわかる・・・というのが一番の感想。

私は今年で30歳となりますが、この本で度々紹介される「若者はこう思う」「オトナはこう思う」どちらの気持ちもわかる、ってことが読んでいて度々ありました。ちょうど私自身がこの2つの間にいる世代なのかもしれません。

しかし、いつの時代もこういった視点は必要ですよね。教員をしている私も常に「子どもはどう考えているか」を考えていますし。(そのために子どもが見そうな流行りのYoutuberやゲームはチェックしています)今後日本でも、終身雇用型(一生一社)みたいな働き方は減っていくでしょうし、辞められたくなかったら若者に配慮するのも必要でしょう。最近では「私、定時に帰ります」なんてドラマもありましたよね。現在の日本の働き方、に言及するいいドラマだったと思います。

 

「学校」という職場は若者にとって魅力的か?

ふと私の職場である「学校」にあてはめて、「若者にとって魅力的な職場か?」について考えてみると。私はまったく魅力的ではない、と思います。

実は、幸運にも?私の短い教員人生で「すぐに辞めた若者」にはまだ会ったことがないのですが、それはたまたまかな、と思っています。だって学校って、この本に書いてある、オトナの代名詞的な「理不尽」や「非合理」の集合体的なところありますからね。教員になった当初は、非効率なことや、非合理的なことが嫌でそれを指摘したら、「きまりだから」「前からそうしてるから」で何度はねのけられたかわかりません。そういう時、この本に書いてある「若者」よろしく、ほんと辞めたくなりますよ、マジで。今は惰性で続けてしまっています。もしかしたら自分も毎年入ってくる「若者」に対し、自然と理不尽なことをしているのかもしれません。

せめて今後教師を目指す若者に愛想つかされないように。教頭・校長・委員会の方々、この本読んで。

 

まとめ

最後は学校の愚痴になってしまいましたが、組織で部下をもつ人にはぜひ読んでほしい一冊でした。

小学校教員の私がジャージ通勤をしない理由

私が勤務している小学校では、「ジャージ通勤」が一定数います。数にしてだいたい全職員の半分いかないくらいかと。

そして私は「ジャージ通勤」を絶対しない派。なのでそのことについて少し書く。はっきりいってどーでもいいことです。

 

学校によって差があるようです。ジャージ通勤禁止の学校もあります。あくまである地域の一教員の戯言として受け取っていただければ。

 

 

教員にとっての「ジャージ」は仕事着

これは間違いないかと。ビジネスマンのスーツ・ネクタイのように医者の白衣のように、教員も理由があってジャージを着ています。

 

休み時間に子供と外で思い切り遊べるように。すぐに体育の指導に入れるように。給食の配膳や図工の絵の具や嘔吐物の処理やその他もろもろ。ジャージは教員にとって必須です(ここでは、小学校教員・一般的な特別支援学校の想定。中高の先生だと少し違うかも。)

なので、教員にとってジャージは仕事着。ただ、その仕事着で通勤をするかはまた別。

 

仕事着で通勤できたらそれはもちろん楽ですよね。着替えの時間も取られないし、すぐに仕事にとりかかれます。

 

(ジャージジャージと先程から連呼していますが、ここではスポーツウェア全般というイメージで話しています。サッカーっぽい人もいればバスケっぽい人もいる、ランニング系のブランド多めの人もいる。このへんは先生ひとりひとりの好みです。)

 

地域や通勤方法にもよると思う

私が勤務している地域として、先生たちの通勤方法は主に3つ。

 

1.自転車(徒歩)

2.自家用車

3.電車・バス

 

この3つがちょうど3分の1ずつくらいいます。

私の勤務校の「郊外か都市部か」の感じがこれでわかる人にはわかる。

主にジャージ通勤をしている人は1,2のどちらかです。ジャージを着たまま電車に乗る人と、私はまだ一緒に働いたことはないです。郊外になればなるほど3が減って1.2が増えるでしょうか。

ちなみに私は2。

学校における教員のジャージ通勤の比率は地域にもよるのではないかと思っています。根拠はないですが。

 

 

私がジャージ通勤をしない3つの理由

さて、私は平日、通勤時はいわゆる「ビジカジ」くらいのスタイルで通勤しています。

学校着ジャージに着替え活動退勤直前に着替え退勤。

つまり勤務時間のほとんどをジャージで過ごしています。

それでも、一度もジャージ通勤はしたことがないです。その理由は以下3つです。

 

1.教員バレする。

最大の理由。私が街中でジャージで歩いている人を見たら、すぐに教員を疑います。ただでさえ、教員というのは知らず知らずのうちに教員オーラが漂います。(教員あるあるで、初対面の人でも「あ、こいつ教員だな」と思ったら案の定教員だった、ということが何度もあります。)そのオーラに加えてジャージを着ていれば、ほぼ確定で職業がバレてしまうわけです、仕事帰りにスーパーで買物をしていようが、自転車で信号待ちをしていようが、です。

正直、世間の方々からの教員に対する目って、それなりに厳しいところがあると思っているので、私は極力学校外では教員オーラを消すように努めています(笑)

 

2.家族が嫌がる

私の妻は教員ではありませんが、似たような仕事をしていまして。

「学校は汚れるところ」というイメージを強くもっています。

なので、「家に汚れを持ち込まないでほしい」「仕事着は袋に入れて持ち帰ってそのまま洗濯機へ」ということを強く私に言ってきます。

まぁ私も少し同意できるところもあるので素直に従っています。

 

3.自身のジャージセンスがなく果てしなくダサい

教員をやっているものの体育系ではないこともあるのでしょうか。ジャージのセンスが自分でないと感じているんですよね。なぜかはわかりませんが、周りの先生のジャージの着こなしかっこいいな~、と思うこと多々あり。まぁダサい格好で外を歩きたくない、ですよね。

 

 

以上の理由で私はジャージ通勤をしていません。逆にこれらのデメリットは「私自身がが気にしすぎ」問題でもあるので、気にしなければ楽な「ジャージ通勤」にシフトできると思っています。今の所「気にしてしまう」のですが。

 

 

教育的にはどうなのか?

退勤時はともかく、出勤時は小学校に通う子どもにその「ジャージ通勤の先生」の姿は見られるわけです。登校時間と出勤時間は一緒なので(まぁ多くの先生は子どもよりはるか早くに来ていますが・・・)

私はあまりじ「ジャージ通勤を子どもに見せたくない」と個人的には思っています。

だって、ジャージ通勤で当たり前ではないじゃないですか。多くの勤め人は勤務場所についてからその職の制服に着替えるわけですから。

まぁそれ言い出したら学校自体が「社会の常識が通用しない場所」ではあるんですけどね。

 

まとめ

ジャージ通勤はこれからもしない。が、それはあくまで自己のため。

 

今後こんな感じで教員のどうでもいい考えを発信していこうと思ってます。

続かないかもしれませんが。やらなくなるまでよろしくおねがいします。

ブログの主旨を変更し、記事をまた書きたい。っていう話

ブログを開設した理由を思い返す。

記事を見ると、私は2016年8月にこのブログをはじめたみたい。

当時は、「本を読む」ことの重要さに気づいたこともあり、「読んだ本の内容を忘れないようにアウトプットしよう」的なモチベーションでブログを開設した気がする。

更新頻度は正直多くはなかったが、まぁやりたいことはできていたので不満はなかった気がする。

しかし、

 

放置した理由

書かなくなった。理由は、書く時間がない、というのもあるが「子供が生まれ、ネタとなる本を読む時間が激減した。」のが大きな理由です。

 

今はもう2歳を過ぎたが、我が家には息子が一人いる。自身が親になった当初は、こんなに時間を持っていかれるのか、と正直驚きました。

スキマ時間に読むようにしてはいるが、以前より本を読む時間は減ったし、ましてそれを咀嚼してブログに書く余裕は不器用な私にはありませんでした。

以上の理由、放置せざるをえなくなったといえます。

 

でも復活したい

なので、主旨を変えました。

どうでもいいことや、まとまっていない文章でもここで書くようにすればいいのでは?と思い、この放置していたブログを活用することにしました。

最近仕事の環境が大きく変わったこともあり、日々なにかに吐き出したいことが非常に増えたと感じています。

子育て、仕事、その他もろもろ。

あまりカッコつけずに思ったことを書く場にしたいと思っています。

まぁ読んでる人もいないと思うし、気楽に日々の備忘録として。

新版 障害者の心理学を読んだ感想

お久しぶりです。

めっちゃ久しぶりに更新です。

昨年、初の我が子が生まれ、毎日楽しい日々を送っております。が。

 

本を読む時間がとれない。

まあ完全に取れないわけではないので、読書量は減ったものの休日の子供の相手の合間に読むようにはしています。が、まとめを書く時間はほとんどない。もう少し子供が大きくなったらまとめ書く時間もとれるのかな−。

 

 

今回は新版 障害者の経済学についてのまとめ。

内容的にしっかり要旨を押さえておきたくなるような本だったのでどうしてもまとめときたかった。

 

新版ということですが、旧版はよんでいません。

 

全体の要旨

障害者について、経済面、つまりお金の面から中心に切り込んでいく。福祉としての社会保障の重要性を説きながらも、福祉の全てが、社会全体や当事者にとって幸福を与えるものではない、という問題提起をしている本。

著者が述べているところでは、データに基づくことを意識し、主観的意見をなるべく排除することによって、当事者とは離れている関心の薄い層にも言及できる。

 

本の感想

社会に必要な本のひとつ

社会経済視点の障害者福祉の議論は、この先絶対に必要だと思います。理由は、「誰もが他人事にできないから」です。

一般的に「社会的弱者」の支援をしたい人がいたとして、『○○は障害者に必要です』と提案したとします。そのとき、肯定的な人は『おお!いいね!やろうやろう!』となるわけですが、関心の薄い人は『ふーん、よくわからんけどやったら?』になります。

これは社会的マイノリティの支援に携わったことのある人なら、なんとなく経験あると思います。

ただ、経済が絡むと他人事にはなりません。 何故なら(福祉の場合は)自分の納めた税金が使われるからです。 無関心だった人も巻き込んで議論していくために、経済的視点からの切り口はとても重要だと思ってます。

 

本を読んで改めて思う

日本はまだまだ遅れているし、「障害者差別はある」と言っていい。それは、個人が「オレ、障害者に偏見ないから」とか口にするレベルの話ではわからない。

ただ、障害者の雇用状況や様々な数値を客観的に評価した時、「差別がない」とは言える人はいないのでしょうか。そういった感情論を多少排除できる(完全に排除はできない)のが経済を指標にする良い点だと思いました。

 

主観が入っていないわけではない、むしろ

著者は、重度障害児の親御さんらしく、結構経験論を挟んでいます。ので、主観入ってるな〜、と思う記述も多くありました。

ただ、それが悪いわけではないと思います。むしろよい。特に、障害者の議論は、当事者が必ず存在します。当事者の気持ちを理解しようとせずに議論を進めると絶対に歪みが起こります。それはやはりよくない。

 

 

まとめ

久々に本を読んでまとめを書いてみた。

読んでいるときは、障害者雇用の法律や実状など知らなかった知識をいっぱい得られたので、それもまとめたかった。けど、気力が足りませんでした。読むのにもかなりに使いましたし。

まぁ続けられるかわからないけど、本を読んだら忘れないようにまとめる。

続けていければいいなー、と思います。

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 を読んでの感想

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

本の概要

ニコニコ動画2ちゃんねる創始者で有名なひろゆき氏。ひろゆき氏の行っている「思考法」をまとめたもの。


本の感想

ひろゆき氏らしい考え方がたくさん

ニコニコ生放送ひろゆき氏が話しているのを聞くとわかるのですが、いわゆる一般的の人の考え方とは視点が異なるのが氏の魅力。ある種ひねくれものにも見えなくもないですが、話を聞くと絶対に「自分と違う考え方」に出会えるので、氏が出る番組等はネット・地上波問わず、気がついたらついチェックしています。

この本においても、一般的な考えと異なる思考をいくつも披露しています。ルール1〜ルール21まで。このルール全てに共感できる人は少ないと思いますが、自分に役立つルールだけまねしてみれば良いのでは。


合理的な生き方の追求


を基本的にひろゆき氏は目指しているのだと思います。
特に「コスパのよい生き方」を実践しているのが興味深い。だってひろゆき氏が億万長者なのは有名な話ですもん。その人が「金を使わない生き方」を思考しているのだから、ある意味で説得力高いですね。

 

ルール15では、「現在はいくら貯めたら安泰だ」というゴールラインが見えない。だったら、安心できるまで金を貯めるより、今の生活で満足できるように思考を変えるべきだ。と言及しています。

 

考え方はとても納得できるのですが、それでもやっぱり無駄なモノって欲しくなるんですよね。合理的な生き方というのな、どれだけ理性で物欲を制するか、ということかもしれません。


雑学の数が氏の理論武装を援護する


氏がとても「頭よく見える」要因の一つに「どうでもいい雑学を会話に織り交ぜる」ことがあると思います。
例えば、「キーボードが打ちにくい配列になっている理由」や「コンテナの技術の発達による貿易の発展」など。著書内でも氏が述べていますが、そういう雑学の本が好きみたいです。どうでもいい雑学の知識は、やはり日頃からどれだけ情報に触れているか、なんでしょうかね。

 

今後も応援したい


私の中では他にいないタイプの人です。今後も本とか動画はチェックしていきたいなー。

 

雑記

全然ブログ更新出来ずにいました。仕事が急に忙しくなったのと、休日は子どもの世話などで、本を読む時間やまとめる時間が大幅に減りました。

それでも少しずつ読めてはいるのでちょいちょいまとめて行きたい。

 

「童貞の疑問を解決する本」を読んでの感想

恋愛メディアがひろってくれない 童貞の疑問を解決する本

恋愛メディアがひろってくれない 童貞の疑問を解決する本

 

本の概要

同人誌をまとめたものらしい。よくわからないけど。

童貞側の「Q.疑問」に対し女性視点の「A.回答」が簡潔に返されます。

全部で35問くらいしかないので、めちゃくちゃすぐ読めます。

私は10分で読めました(笑)

 

 

本の感想

短い。ので感想も短め

 

童貞って言うか・・・

「モテない男(モテたい男)」と言い換えた方が?童貞じゃなくても参考になる意見、多かったですね。

むしろ「童貞」ってことばが強いので、反感持つ方いないかな、とか思っちゃう。

 

 

こころに残ったQ&A

 

Q.「おっぱいってすごくないですか?」

 

A.「すごいけど

   チラ見はやめろ

   バレてるから」

 

 

 

 

 

うーん、短い。