グレ教員の日々の感想

学校嫌いな小学校支援学級教員。日々の思いを忘れないように書くブログ。子育て、学校、読んだ本とか。専門は発達障害支援。

この時期に食事会を学校でする、って理解できないな、って話。

愚痴投稿。

 

「送別会が中止なら、食事会をすればいいじゃない。」

最近は新型コロナウイルスの話題ばっかりで、学校も休校。いろんな行事も延期、中止になっているわけですが。

私の勤務校では、卒業式はなんとか行うことができたのですが、「離任式」と「送別会」が中止に追い込まれてしまったんですね。

 

そしたら勤務校の校長が

「離任式をやるはずだった日の昼、職員だけで食事会を校内でする」と言ったんです。

 

まぁ最初に言い出した頃は3月初旬でまだ日本全体そんなに危機意識がなかった時期。

 

でも今って感染者数も増えてきて、かなり日本全体で危機意識高まっているところだと思うんです。

 

それなのに、何十人も一同に集まって食事会ですよ。

まぁ送別会でよくある、退職・転任の先生に一言もらって~、みたいな感じ。

 

正直「アホなの?」って思いましたね。

万が一この先、職員のうち一人でも感染して、「特段必要のない食事会をやっていた」なんてわかったら叩かれること間違いないのですが。

リスク管理しなさすぎでしょと。

 

私は体調不良を言い訳に欠席しました。本当は全然元気ですが。

 

きっと気持ちよくなりたかったんだね。

 

って、性格の悪い私は思ってしまいました。

 

教員やっててさ、別れの瞬間って節目節目であるんですよ。

児童の卒業とか。自分の自身の転勤とか。

まぁ普通に教員やってたら、別れの瞬間には児童や保護者や同僚から、「今までありがとう」って言われるんですよ。その瞬間って「必要とされていたんだ自分」って感じることができて正直いい気分なんですね。

特に「離任式」で転任する先生にとっては、自分のためにいろんな児童や保護者や同僚が集まってくれるわけですから。

「離任式」のあとの「送別会」は尚最高ですよ。酒も入ってもてはやされますからね。

それを新型コロナが流行ったせいで奪われたのではね。そりゃあなんかやりたくなりますわな。

 

今回の食事会決行は、その気持ちよさが「他者に感染させてしまうリスク」や「世間にどう思われるか」に勝ってしまったんだな、って思ってます。

 

ええ、わかりますよ。

「気持ちよさとかじゃなくて、今までお世話になった先生に感謝の場が必要」ってことでしょ。

感謝の場って食事会じゃないとダメですかね。私はお世話になった先生には一人一人回ってお礼申し上げましたけど。

 

客観的には、気持ちよくなれる宴会が出来ないから食事会した、ようにしか見えてません。

 

あ、誤解を避けるために言うと、「気持ちよくなる」ことは悪いことではないと思ってます。普段一生懸命働いてたら、1年に1回くらいいいじゃん、とは思っていますよ。

 

ただ、リスク考えようよ、って話。今やる?それ。

 

まぁ結果的にウチから感染者がでなければなんでもいいんですが、万が一出たら結構世間の目は厳しくなるんじゃないかな、と思っています。

 

 

関係ないけど、政府の感染対策と経済対策、どっちもやる気ないよね。

「meduim 霊媒探偵城塚翡翠」を読んだ感想~最後まで読まなきゃだめなや~つ

最近の空き時間と言えば公認心理師の資格試験の勉強をしていて、あんまり読書できていなかったのですが。

全国一斉休校のおかげで、少し平日に余裕ができたので、読書にも少しずつ時間割こうかと思って読んでみたやつ。

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

  • 作者:相沢 沙呼
  • 発売日: 2019/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 本の概要

死者の言葉を伝える霊媒の能力を有する城塚翡翠【じょうづかひすい】と、推理作家の香月史郎【こうげつしろう】が協力して、難事件を解決していくミステリー小説。4つの章からなり、一つの章ごとにひとつの事件、って感じ。さらに4つの章全体を通して、ひとつの大きなテーマがある。

なんかミステリー界隈の章をいくつかもらっているみたいです。

詳しくはAamzonの概要欄を。

 

本を手に取ったきっかけ

私は小説、特にミステリー小説は普段ほとんど読まないんですが。

Youtuberのベルさんの書評が心惹かれるものだったので、ついkindle版ポチってしまいました。

 


本年度NO.1ミステリ!『medium 霊媒探偵城塚翡翠』を書評します!

 

本の感想

「最後まで読んでよかった」

って感じですね。

ネタバレにならないように頑張って言うと、最終章の伏線回収しまくりは爽快。鳥肌立ちながらハイペースで一気読みでした。

普段ミステリー読み慣れてないからか、1~3章までは「ふ~ん」「へ~」って感じで、そこまでおもしろいと思わず読んでました。(ベルさんの書評を聞かずに読み始めていたら、途中でやめてたかも。笑)

オカルト要素が多分にあるので、それも少し苦手要素だったかも。

それをふまえても、「最終章はすごかったですね。ミステリー作家ってどんな頭の構造しているんだろう・・・・。

 

小説って苦手かも・・・。

でもやっぱり同じ読書でもビジネス書や社会本と、小説って違いますね。

小説読んでても、普段の癖で、読みながら「この章のポイントは~?」とか「必要のない部分を読み飛ばす」のが出ちゃうからそれを抑えながら読むのが大変でした。

 

でも読んでよかったかな。

なんかいろんな賞もらってるらしいけど、納得です。いや、小説全然詳しくないからわからんけどね。

 

普通にオススメです!

 

 

休校になってわかる「学校は勉強の場ではない」ということ

さて、安部首相の要請を受けて全国の小中学校が一斉休校になって1週間ほど経ちました。
 
私は心身落ち着いた毎日を過ごしています。仕事もだいぶ目処が立ってきました。でも、暇ってほど暇じゃないね。成績処理とかクラス編成とかやってるので。それに加えて預かり保育とかもやってるからね。今んとこそんなに時間が余るわけじゃなさそう。
 
たぶん3月は本来前日午前中登校とかにしてやっと適正な業務量。
 
さて、今回は休校騒動を見て思ったことを書く。あんまりまとまってないし、思ってる思考をタラタラ開示して言ってるだけ。
 

最初にまとめ。

今回の全国休校騒動で、「誰も学校に《学業》ってそんなに期待してないよね」って再確認した話。
 

一斉休校要請については賛成

私は今回、安部首相の出した一斉休校要請には賛成な立場。今回の一斉休校要請に対する批判的意見としては、「急すぎる」「学校だけ閉めても会社や電車が動いていたら意味がない」「学校だけ閉めて、(より狭い)学童に預けたら意味がない」という意見が多いように感じる。意見としては、「学校が休みになったら親が働きに行けない」それについては、確かにその通りだ、と思う。私も子どもを育てる親の身なので気持ちはわかる。だが、その意見をふまえた上で、私は一斉休校には賛成である。なんなら、「もっと早い段階で休校にすべきだった」とさえ思っている。
 

学校は独自で休校なんて決めきれない。学校が今までやっていたやり方を変えるのは、「偉い人に言われたとき」か「保護者に言われたとき」くらいだ。今回の例で言うと、自治体レベルや学校単体での判断で休校なんてしようもんなら、地域や保護者からどんなクレームが来るかわからない。だから学校単独で「休校」なんて判断は絶対に出来なかったと思う。「テレビで」「総理大臣が」全国民に向けて発信したことで、速やかな休校措置がとられた。正直、現場はとても混乱した。だけど「感染拡大防止」の目的だったら、なるべく早く休校にすべきなのだから、多少強引であっても行政からの鶴の一声は必要だった場面だったと思う。

 

テレビで大々的に総理大臣が言ったのも重要だったでしょうね。ああやって言ってくれたおかげで仕事を休みやすくなった人も少しはいるのではないでしょうか。全国的に休校措置をやったことのメリットはそういうところにある気がしている。
 

学校はリスク背負って行くような場所ではない 

私が一斉休校を支持したのは、「集団が日常的に集まる場所」で「止めてもあまり問題がない場所」が学校くらいしかないからである。他の営利施設はなかなか止めづらいし、感染のスピードを少しでも抑えるなら学校止めるくらいしかないんじゃね、って思う。(ちなみに個人的には、学校を止めた上で感染は日本中に広がると思っている。が、ここでは主旨と外れるので言及しない)
 
止めても問題ない場所、と言ったが、感染リスクと得られるリターンが小さい場所という認識が強い。小学校は繁殖したい菌にとっては絶好の場所だと思う。狭い教室に手も満足に洗うことが出来ない人間(児童)たくさんがいて、デフォルトで子ども同士の距離が近いし、互いにべたべた触れ合う。どんなに注意しても、学校にいれば風邪は伝染する。
 
まぁ簡単に言えば、感染症が国全体で流行ったときに、学校なんて「ハイリスクローリターン」の場所なんだから来なくてよくね?とずっと思っていたし、安部首相が一斉休校を要請するだいぶ前から休校をすべきと考えていた。
まぁ2月27日(木)18:30に、安部首相がああやって言ったことで、世間がざわつき、社会の多くが私と同じ感覚を持っていることを再確認することが出来た。と、勝手に思っている。

 休校による子どもの学業の心配をしない人たち

さて、今日の主題。 
 
「休校中の学習の保障はどうなるんですか!」という問い合わせが保護者からも教師側からも上がらなかったことだ。
 
教師側は普段は「学校は勉強する場所」と言いながら、今回の休校措置の際、休みの間のこどもの勉強の心配をする人はほとんどいなかった。未履修単元のことを心配する人はいたけどね。同じように休校措置をとっている中国では、インターネットを介したリモート授業も行われているなんて話も聞くが、正直、そんなのこのIT社会でごくごくあたりまえのことだと思う。
重要なのは、日本の小中学校は「たかだが2週間登校できないくらいで学習がストップしてしまう」ということであり、その問題に対して、令和のこの時代になるまで何も「対策をしてこなかった」ということである。まぁ簡単に言うと、「日本は教育について重要視していない」と言い換えてもいいのだろう。だから日本の教育基盤は、数十年前からたいした進化もしていない。
 
その国の姿勢は現場に伝わっている。私が、今年度小学校で働きはじめて違和感をもったのが、「列にきれいに並ばないこと」や「授業中おしゃべりをする」みたいなことにはめちゃくちゃ目くじらを立て指導する教師が、授業を理解できていない子どもに対して何にも手立てを講じず「この子は勉強が苦手だから仕方ない」と言い捨てる、ような状況がたくさんのクラスで見られることである。算数のように積み上げ型の科目だと、たとえば2年生の算数の内容を理解していないと、3年生の算数の内容はより理解できない、ということが発生するのにもかかわらず、だ。(私は特別支援学級担任という立場上、多くのクラスに出入りしている)学校という組織が「勉強する場所」と主張するならば、「子どもが学習内容を習得できたかどうか」の評価が目的を達成できているかを測る指標であるはずだが、そこにほとんど視点が置かれないのはおかしい。私は職場の先生の態度から、”小学校の先生は「勉強を理解させる」ことにそんなに重きを置いていない”と結論付けるに至った。それよりも、学校生活で人に迷惑をかけない、とか集会で集団の動きがそろう、とかそういうところが重要でなんだろうと思っている。
 
まぁそれにしてもそもそも学習水準の異なる35人を1人の授業者が指導する、っていうシステム自体が「一人一人に最適な学習環境を提供する」気が全くないので、そのシステム上でしか指導が出来ない教師側の立場は「勉強は二の次」となるのは至極当然な気もする。
 
そして今の保護者側の多くもおそらく、学校に最も期待しているのは”学業以外の何か”だ。もしかしたら子どもの遊び場だと思っているかもしれないし、給食を食べさせてくれることかもしれないし、自分が働いている間子どもを預かってくれることかもしれない。
だからこそ、今回の休校が決まったとき、ネットで見られた小学生の親の声は「学習はどうするんだ」という声はなく、「食事をどうすればいんだ」「どうやって働きに行くんだ」「子どもはどこで遊ばせるんだ」なんて声が多数派にあがったのではないか。
言ってしまえば学校に”学習効果は期待していない”のだろう。だから家庭は学習塾を利用する。学校という場が”学習”に重きを置いていない、ことを薄々もしくは明確に認識しているからではないか。
 

その認識は残念ながら正しい。

どっちがさきかはわからないが、学校に”学習効果”を期待してはいけない、という認識は悲しいかな小学校の現実を的確に捉えた考えだと思っている。私自身は内部に入り小学校の現実に気づいたこともあり、全ての保護者が勿論そう思っているわけではないだろうが。
なので、私も自分のこどもが小学校に上がった際には「小学校に加えて学習する場を用意する」とか「私立の小学校に行かせる」などの対応をするだろう。また、自分の知り合いが「うちの子は小学校でちゃんと勉強しているか大丈夫よ」みたいなことを言ったら全力で説得するかもしれない。それくらい小学校の学習軽視の現状に辟易させられ、なんなら絶望させられてているのが今の私である。
 

学校の先生はがんばっていると思う

繰り返し断っておくが、学校の先生を責めてはいないよ。先生方が”結果的に”学力を二の次においているのは社会からの要請だから。そもそも1クラス35人とかを一人で指導するシステムで、一人一人の学習を保障するのは物理的に不可能であるし、日常的に頻繁に寄せられる地域や保護者からのクレームの多くは学業に関係のないことであるし、行事のたびにショー(運動会の組み体操、ダンス、二分の一成人式とか)を求められ、辞めようもんなら「去年はやっていたのに」などの批判が浴びせられるし。こんなのが日常茶飯事である学校の視点として、地域や保護者は子どもの学習よりもそれ以外の物を学校に求めている、と判断するのは自然だから。
 
学校は”学業が一番”と思っている先生もきっといるのだろうけど、システムががそうなっていないのでまぁ厳しいよね。

 学力軽視は少しずつ国を滅ぼすよ

「学校では、勉強も大事だけど、それよりももっと大切なこといっぱいを学ぶ場所です。!」みたいなことありますけどね。
どうなんでしょうね。私は将来的に日本がそれでよくなっていくとは思いません。勉強を”最も大事なこと”に置いた上で、ほかの”大事なこと”を学ぶために小学校段階からやっていく必要がある気がするんですがね。
 
そんな感じのことを、日々思っていたけど、今回の休校騒動で再確認した、って感じの記事でした。
 
以上!!

【公認心理師】【過去問】とりあえず公認心理師資格試験第2回。【6日目】

とりあえずやっと過去問に触った。

http://shinri-kenshu.jp/support/examination/examresults_2019.html

過去問題と正答は公式から。

 

一般問題1点 事例問題3点 一般問題で複数回答問題は完解で得点。

どの問題が事例問題かは、今回は自分判断。

 

午前問題  76/115点

午後問題     69/115点

総得点  145/230点

 

 

感想

合格点は138点となっていたので、この時期にしては上々の結果かと。

事例問題が難しい・・・。けどここの正答率を高めることが合格への近道であることには間違いない。

生理学・医学系の問題はほぼ落としました。

 

知能検査、発達検査周りは知っておくとそれだけで有利な気がするので、しばらくはそこを中心に頑張っていく。

 

読書できないな

前は空いた時間は読書に使うことができてたけど、今はもっぱら空いた時間試験勉強してるから厳しいなこれ。

【公認心理師】行動心理学って大事【5日目】

問9
ある刺激に条件づけられた反応が他の刺激に対しても生じるようになることを何というか、正しいものを1つ選べ。
① 馴化
② 消去
③ 般化
④ シェイピング
⑤ オペラント水準

 

正解は③です。

①の馴化(じゅんか)だけ知らなかったので調べました。

刺激に対して、経験から「反応しなくてよい」と判断がなんどもされることによって、行動が怒りにくくなる感じですね。

 

 

クラスが騒がしい時、大声で怒鳴ってこどもを静かにさせようとする先生いますけど、それを何度もやってるうちに、こどもは「怒鳴っても静かにしなくなる」っていうクラスありますよね。これも馴化のひとつかな、と。

【公認心理師】公認心理師過去問を解いていくぅ【4日目】

公認心理師過去問第2回午前問題より

 

問7 量的な説明変数によって1つの質的な基準変数を予測するための解析方法として、最も適切なものをつ選べ。
① 因子分析
② 判別分析
③ 分散分析
④ 重回帰分析
クラスター分析

 

グレ教員の思考の流れ

選択肢精査。

①因子分析→やったことあるけど、因子が3つから4つくらい出るイメージ。「1つの質的な基準変数」が不適かな。

②判別分析→聞いたことない。精査不能

③分散分析→3つ以上の群の平均値に差があるかを調べるやつだったはず。不適。

④重回帰分析→名前的には一番答えっぽい。正直内容ほぼわからんけど、「回帰」ってのがそれっぽい。「重」が「1つの質的な変数」とは矛盾するようなきがする。

クラスター分析→説明変数を仲間分けする、みたいなやつだった気がする。

 

みたいな思考で、結局回答を④にしました。

 

 

実際には正解は②でした。

 

重回帰分析:複数の量的な説明変数→1つの量的な基準変数を導き出す。

判別分析: 複数の量的な説明変数→1つの質的な基準変数を導き出す。

 

みたいな感じですね。

クラスター分析は、質的なデータを仲間分けする分析っぽい。

 

統計のところ、かじったぐらいなのでちゃんと理解していないよね。実際にデータ扱って解析しないと覚えないのかな~。

【公認心理師】公認心理師過去問【3日目】

公認心理師第2回 午前問題より

 

問5  実験は実験者が操作する変数と観測される変数によって組み立てられるが、前者以外にも後者に影響を与える変数があることが多い。この変数は何か、正しいものをつ選べ。
① 従属変数
② 剰余変数
③ 独立変数
④ 離散変数
⑤ ダミー変数

 

正解は②ですね。

一応正解しました。

問題文で書かれている「実験者が操作する変数」が「独立変数」、「観測される変数」は「従属変数」に当てはまることに気づいたので①③は除け。

④は知らなかったけど、名称的にこの問題には不適だと思って除け。②⑤の2択で迷って②を選択。正解。

 

以下、調べて覚えたこと。

④「離散変数」は人数みたいに、整数値しか取りえないデータのこと、と覚えとけばよさそう。

⑤ダミー変数は、「男」「女」とかを「1」「0」とかに置き換える変数。

 


問6 順序尺度によるデータの散布度として、正しいものを1つ選べ。
① 中央値
② 平均値
標準偏差
④ 不偏分散
⑤ 四分位偏差

 

答えは⑤

 

①②③は定義を知っていました。

④不偏分散 ・・・調べたけど正直理解できていないと思う。普通の間隔尺度で行う統計で使うもの、と覚えていけばよいかな。

 

⑤四分位偏差 データを大きさの順に並べたときに下から25%に位置する値・50%に位置する値・75%に位置する値のことを第1四分位数・第2四分位数・第3四分位数と言います。

調べたら上記。こっちは理解できた。順序尺度で使うことも覚えておけばよいかな。